健康的に痩せるために食べる

「年々痩せなくなって困ってます・・・。」
こうしたお悩みの方が、私のもとに、沢山相談に来られます。

 

分かります( ب_ب )

 

私も20代までは、食べるのをちょっとガマンすれば元に戻っていたので、あまり気にとめずにいたんです。

 

が。。。
やっぱり年々代謝って下がる・・・

 

ダイエットの先生をしている私でも、
やっぱり年齢を重ねる度に、
体脂肪が増えていく危機感を常に感じています。

 

仕事して、子育てして、家事もして・・・、
つい忙しい日なんかは、気がついたら
パスタ・サンドイッチマン・パン・おにぎり、ラーメン・・
ササっと食べれる単品ものを選んでしまうことも・・。

 

もしかして、
あなたもそうだったりしますか…??

 

そんな時こそ、
「今日1日、何を食べたかなー」って、振り返ってみてください。「肉とか魚とか、あんま食べてなかったわー」
ってこと、よーくあると思います。(私もです)

 

ズバリ言っちゃいますが、
炭水化物メインの食事は太りやすいです。

 

その理由は・・・、カロリーは摂っていても、
身体を燃やす為に必要な栄養が足りてないから。

 

バランスの偏った食事ばかりを食べていると
身体のアブラはどんどん増えていく一方で、代謝はガンガン下がるばかり・・・。

 

これが、年々体脂肪が増えていく原因の1つです

 

で、私が日々やっていることと言えば、
朝・昼・夕ごはんをバランスよく食べること、です。

 

そして、こまめに体を動かすこと。
(これは特別なことは何もしてなくて、家事や仕事で常々動きまわってる感じです^^)

 

運動はしたいけど、子育ても仕事も家事もあって、
ジムに行ってる時間とかないのでいけません。
(どのみち、運動する時にも栄養が必要ですしね)

 

だけど、なるべく食生活は乱れないように心がけつつ、
ちょこちょこ動くことだけでも意識して過ごすだけでok
.特別な運動をしなくても燃やせる体を作ることは可能です。

 

「体は食べた物で作られている」とよく聞くと思いますが、
やっぱり常日頃から、体脂肪をメラメラと燃やしてくれる食材を意識して摂っておかないとです。

 

その食材として欠かせないのは
肉・魚・卵 = たんぱく質

 

このたんぱく質こそが、筋肉の元です。

 

これが足りないと筋肉が落ちて冷えもムクミを感じやすいし、
代謝は落ちるし、エコな体になって、結局食べなくても太ってしまう!!なんてことになりかねません。

 

そんな身体にならないため食事は・・・
単品は止めて、ちょこっとプラスすることを意識するだけでok!

 

例えば、
卵サンドイッチを食べるなら、サラダやわかめスープを足したり、
昆布おにぎりを食べる時は、ゆで卵や具沢山みそ汁と一緒に食べたり・・・、それだけで、バランスのいい痩せレシピに大変身です♪

 

「しっかり食べるようになったら、
むくみが減ってきたし体脂肪もゆーっくり落ちてきたわッ^^♪」
って、仰るお客様はほんっとうに多いです^^

 

キレイに体重をおとすためには
食べることをガマンするんじゃなくて、
「しっかりと食べる。」この習慣を心がけてくことが大事です。

 

まずは、
痩せる体の土台作りのための、コツコツと食べること。

 

これができていないと、
冷えてむくんで、体にアブラがまとわりつく体になっていく・・・(-_-;)
そう思うだけで、恐ろしいです。

 

「何を食べたら痩せられるのか、わからない?」
「自分では気を付けてるつもりだけど、体重がどんどん増えてく・・・。」

 

「一人ではもう限界。」
「食べてないのに、太ってく」

 

そんなお悩みがあるあなたも、今の食事のどこがどう違うのか・・・、
3か月間、自分の食事と丁寧に向き合ってみると沢山の気づきが得られるハズ!!

 

「ダイエットについてのお悩みがあるんです。」
「具体的にどうしたらいいのか分からない・・・」というあなたに、マンツーマンでダイエットのサポートをさせて頂いております。

 

3か月後ワンサイズダウンを目指す方はや
どうすれば痩せるのか分からない方はご相談くださいね♡

関連記事

  1. スーパーで2色買いした旬野菜

  2. 黄金バランスだった定番ランチ

  3. 40過ぎから太り始めた頃に食べていたモノ

  4. 下腹部凹んだ痩せごはん

  5. 【アラフォー主婦】皮下脂肪がついて太ってしまった食習慣

  6. 3kg痩せて美肌も叶った朝ごはん